O脚とX脚の原因とその症状を分析してみた

最近、健康ブームの到来で歩く人を頻繁に見るようになりました。しかし、きちんとした歩き方をしていません。ほとんど我流で歩かれているので、ウォーキングの効果はあまりなくて、やめてしまう人が多いものです。

歩き方や正しい立ち方を指導する人が回りにいないのが原因でしょう。では、間違った歩き方とは、一体どのようなことを言うのでしょうか。


悪い歩き方とは?
一般にいう悪い歩き方とは、内股歩き、外股歩き、横揺れ歩き、猫背、引きずり歩きなどです。

このような歩き方になるのは、これまで説明してきた外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪が大半の原因です。


体は繋がっていますから、足の裏の病気をまず治してから歩かないと根本的な解決にはなりません。

足の裏の病気を無視していれば、自然と変な歩き方になり、そのまま習慣化させていると、脚の関節を痛めたり、体が歪み、腰痛や肩凝り、生活習慣病になってしまいます。

逆のことも言えるのです。例えば足の裏に病気が無くても、私生活でいつも同じ右手でバックを持っていたり、合わない靴を履いていたりして、何らかの形で意図的に歩き方を悪い歩き方にしているとします。

そうすれば、足の裏にかかる体重が均等にならずに、一部に力が偏って、外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪 これら病気の原因になり、歩き方が悪くなることだってあるんです。

ここまでの説明で足の裏の病気、外反母趾、偏平足、タコ、魚の目、巻き爪、歩き方の状態を説明、原因を追究してきました。
外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪 の共通点は?放置して起こる原因不明の病気
あなたが怒りっぽいその原因は?脚の裏が関係しているかも?
偏平足の原因は?偏平足かどうかを簡単に調べる方法

本来人間は 2 本の足でバランスをとりながら歩くのですが、足の裏の病気の影 響でバランスの良い歩き方が出来なくなります。

昔から言われていることなのですが、姿勢を正しながらしっかりと地面を踏み しめて歩くことがバランスの良い歩き方とされてきましたが、履物、生活習慣、 車などの復旧によって歩くことが少なくなりました。

そうなることで、足は退化してしまい、結果足の病気になってしまいます。

足の病気になればなるほど、なおさら、歩き方も正しい歩き方ではなくなり、 下半身太りや脚太りの原因になります。

そして、もうひとつ歩き方や足の裏の病気で生じてしまう病気があります。
それは、 O脚、X脚、 からなる、下半身太りです。


それでは、状態、原因を追究していきます。



O脚の原因と症状

O脚の症状は両膝をそろえて立った時にOの字のように、膝の間に隙間が出来 ている状態です。膝の間には指が2本以上入るとそれは、O脚といえるでしょ う。

そのまま放置してしまうと、症状はどんどん、Oの字に湾曲していきます。遺伝などの例もありますが、ほとんどは個人の生活習慣などによるものが多いのです。

O脚の原因は様々なのですが、まずは偏平足や外反母趾からなるものです。足 の裏にはバランスよく立つためのアーチが形成されているのですが、そのアー チがなんらかの形で崩れてしまいます。

偏平足や外反母趾になり、歩き方がおかしくなります。歩き方がおかしくなる ことで今度はO脚になるのです。

そして、次に個人の歩き方の癖によるものです。偏平足や外反母趾でなくても、個人やあなたには、癖があります。
その歩き方が不安定であればその分O脚になりやすくなります。

継続は力なりといいますが、個人の変な癖を継続は力でO脚になってしまいます。あまり継続したくないものです。

そして、次に生活習慣からなるものです。あなたに対しての質問 をご用意しましたので、答えてみてください。

下記の質問に答えてください。

1:あなたは立っているときにお尻がうしろに突き出ている
2:あなたが正座をするときにカカトをお尻で囲むような座り方にすることが多い
3:あなたが横に寝転んだときに上になっている脚を前に落す
4;立った時に両足とも内股になっている
5:座ったときに体操座りでいるときが多い
6:立っているときに、膝を後ろにはっている
7:ペチャンコ座りをよくする
8:椅子に座るときにほとんど脚を組んでいる。
9:歩くときに内股気味になってしまう。
10:ほとんど横座りだ

いかがでしたか、あなたは何個該当していましたか?該当数が多いほどあなたはO脚だといえます。知らないうちにあなたの習慣で進行してしまいます。

そして次にお伝えしたいのが、X脚についてです。


X脚の原因と症状

O脚とはぎゃくにまがった状態です。Xは視覚的にみればバツに見えます。脚がバツに見えることから、X脚といわれるようになりました。両膝をつけたときにくるぶしがハの字に広がってしまいます。

実は、だれでも一度X脚になっています。それはだれしもが、生まれてきたときはO脚なのですが、3歳ごろにはO脚だった脚が徐々にX客になります。

そして、7歳頃には自然に矯正されてきます。しかし何らかの病気や遺伝などでそのまま矯正されずに、そのままの状態ということもあります。
X脚の原因もO脚と同様に生活習慣などが原因とされています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ