外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪 の共通点は?放置して起こる原因不明の病気

脚が痩せない大きな理由は何通りかあります。
ずばり、歩き方、外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪、です。

これらの共通点が、 指上げ足 です。

指上げ足とは?
指上げ足というのは足の指先が縮こまり地面に足が付いていないことです。この指上げ足のせいで外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪になってしまいます。

外反母趾になれば、少し歩くだけでも足が痛くなります。そしてその痛さを体は逃れようとして、変な体勢が習慣化して原因不明の病気などになってしまいます。

次に偏平足になると、足の裏のアーチが無い状態ですから、その分、膝や腰にかなり負担がかかるようになり、体は疲れやすく、疲れが溜まったときや元気が無いとき、免疫力が下がっているときに痛くて歩くことも出来ない場合があります。

偏平足のたちの悪いことは、自覚症状が少なく普通に生活してしまうことです。

次にタコ、ウオの目なんですが、これは慢性的に何らかの形で同じ場所を圧迫したり、摩擦させたりすることで“タコ”になります。良く鉛筆タコや包丁タコなどが一般的です。

鉛筆タコや包丁タコならなんとなく、勉強してるな!料理上手なんだわ!って思うことが出来るのですが、タコが足に出来るとそうもいきませんよね。

魚の目はもっとタコの症状が悪くなった状態です。タコにもっと圧迫や摩擦を加えるとタコが大きくなり神経にまで届いてかなりの痛みを覚えます。

覚えることで先程の外反母趾と同様に変な体勢が習慣化して原因不明の病気などになってしまいます。

そして、巻き爪なんですが、簡単に説明すると、足の指先のつめが爪のとなりの肉に食い込んでしまうということです。

上記で説明した、外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪 の共通点は全部、指上げ足が原因でおこります。


指上げ足が原因で起こる様々な身体のトラブル

指上げ足をほったらかしにしておけば、脚太りしてしまいます。これだけでは終わりません。

指上げ足のせいで、外反母趾、偏平足、タコ、ウオの目、巻き爪 になることは、先程説明しましたが、これらの症状になることで、変な体勢を習慣化してしまいます。

習慣化することで、今度は姿勢がわるくなりまず。姿勢が悪くなることでお腹に力が入らず筋肉が低下して内臓が下へ垂れ下がってしまいその結果、お腹に余分な脂肪が付いてしまいます。

本来元気に活動している内蔵は垂れ下がってしまうことで、効率よく機能しなくなり内臓の障害も出てきます。内臓が悪くなると体のサイクルが悪くなります。

人間は食べ物を口から食べ噛む→胃→腸→便という一連の流れ、消化吸収というサイクルがありますが、姿勢が悪いせいで、消化吸収も正常に行われなくなり、その分、腸の中に食べたものの滞在時間が長くなって栄養を余分に吸収し、太ってしまいます。

また、指上げ足で変形してしまった脚は常に無理な体勢を習慣にしているために、ふくらはぎに筋肉、太ももの裏に筋肉お尻に筋肉が余計に付きます。
筋肉と併用して脂肪も付いてしまい、脚が大きくなってしまいます。

そして、内蔵機能の低下で体の老廃物が出にくくなり、大きくなった脂肪だらけの足は代謝機能が低下しているため冷え、むくみといった症状になります。

そうすることでドンドンセルライトが溜まり、あなたの足は知らず知らずの内に痩せにくく大きくなってしまうのです。

次に下半身太りのかたに多いのが洋ナシ太りのタイプです。これもやはり指上げ足が原因なんです。 指上げ足のまま歩くことを 指上げ歩き というのですが、指上げ歩きで歩くと、親指にまったく力が入らず、その反動で太ももの裏やお尻に力が入ります。力が入る箇所は筋肉が付いて、ミルミルうちに洋ナシ太りになってしまいます。


サブコンテンツ

このページの先頭へ