男性と上手く連絡をとる方法は?「メール」「電話」「人づて」の割合について教えて

相手の男性と上手く連絡を取るには・・・?

まず、相手の男性との連絡手段としては 「メール」「電話」「人づて」の 3 つになります。

「人づて」とは、あなたが直接相手の男性に物事を伝えたり話したりするのではなく、相手の男性を紹介してくれた友達や知り合いなど中間に入る人物を通して相手の男性に伝えたり逆に聞いたりする事です。

この方法を「ウィング」と言いますので、以後「ウィング」と記載をします。

さて、相手の男性との連絡手段と利用頻度ですが「メール 8 割」「電話 1 割」「ウィング 1 割」の割合で相手とコミュニケーションを計るようにしましょう。

そして、最も重要なのは8 割を占めているメールでのやり取りとなります。

基本はメールを使いコミュニケーションを計り時々「電話」や「人づて」を使いましょう。

では「電話」で連絡を取るタイミングを教えます。
メールがずっと続きチャット状態になったときに「電話」でのコミュニケーションを考えましょう

例えば、
・メールのやり取りが 1 時間続きこの後も終わりそうにない場合。
・メールではちょっと分からない事があった場合。
あなたから「ちょっと電話してもいい?」と聞いて電話で話をしましょう。

電話の場合も用件は手短で、あなたからあまり話過ぎないようにしましょう。

デートする為の考え方として、連絡手段はメールが基本となります。
メールで相手の心を掴み、相手があなたと会う事を自然と思わせるよう上手く連絡を取り合い
デートに繋げましょう。


相手の男性を心地よくする8つのメールテクニック

相手の男性の心を掴めるメールテクニックとは・・・?

男性が思う女性からのメールで入っていると嬉しい絵文字についてアンケートをとりました。その中で、男性が女性からのメールで嬉しいと感じるのは「ハート」が 1 位でした。
男性は「ハート」の絵文字があるだけで、「この人俺に興味あるのかな?」と勝手に妄想してくれます。

次にメールで連絡を取る上で非常に重要な事をいくつか挙げていきます。
メールは相手の心理操作ができる事が最大のメリットになります。
そこで、相手の男性を心地よくさせてあげるメールをする必要があります。

そのためには、
・タイトルには簡単な挨拶を入れる
・最初に会った時の出来事や、その時に話した話題をネタにメールをする
・最初に会って話した時の口調でメールする
・メールの最後には疑問文「?」で送信ができるよう質問形式で返事をする
・相手とは昔からの知り合いで仲良くメールをしていた感覚でメールをする
・相手の行動時間をある程度予測してメールを返す
・相手のメール内容によって返事を返すタイミングを普段と変える
・メールのやり取りは多く毎日、何通も交わせるようにする

これらはメール交換をする上での基本となります。
参考にしてみて下さい。





相手の男性との距離をグット短くする駆け引きの方法

メールでは、相手の心理操作ができると言いましたが、駆け引きをしていく事で、相手の男性は知らないうちにあなたと恋の渦中に落ちていくのです。

では、なぜ駆け引きをするかというと相手の男性に「あなたが自分の事を好きなのではないか」と思わせる事が目的です。
実際にデートをする前に「予感」させておく事が重要なのです。

では、具体的な駆け引きについて、いくつか例を挙げて説明をします。

駆け引きにも難易度があります。
「★」の数が少ない駆け引きは難易度が低いです。
逆に難易度が高い駆け引きには相手の男性との距離が急接近します。
相手の男性が、あなたに夢中になる要素もたくさん含まれています。

・最初に会った時に聞けなかった少し深い事を聞く
→(例)「そういえば、最初あったときに詳しく聞けなかった事だけど、サーフィンの他に何か趣味があるって言っていたよね。その趣味って何だったの?」
(結果)相手の男性の新たな一面を知る事ができ、親密性が増す
→(駆け引き難易度)★★☆☆☆

先に相手に過去の恋愛の話をさせ、その後で自分の体験談も話す
→(例)「実は私ね。前の彼氏からしつこく言い寄られて・・・今よく会ってる人いるからって断っちゃった。勝手にあなたの事を出しちゃった。」
(結果)相手の男性の知らないところで「付き合っている」という事を公表する事で相手の男性も、あなたと「付き合っている」という気持ちが高まる
→(駆け引き難易度)★★★☆☆

・急に1人になったときにメールをする
→(例)「ごめんね。今メール大丈夫かな?急に寂しくなっちゃって(○○君)にメールしちゃった」
→(結果)寂しいときに自分を頼ってくれるという気持ちを持たせる事ができる。
こういう状況で相手の男性がどのように接してくれるかも確認できる
→(駆け引き難易度)★★☆☆☆

・よく目にする物や光景から相手の男性に自分を連想させる
→(例)「今、コンビニ限定で売っているお菓子があるの。私これ凄くお勧めだから今度、見かけたら食べてみてね」
→(結果)コンビニは相手の男性もよく行く場所だと思います。コンビニでは限定商品は目立つところに陳列されているので、自然と目に入ってきます。そのお菓子を目にした男性は「あっ。○○ちゃんが言っていたお菓子だ」とお菓子を見て、あなたを連想しあなたの事を考えます
→(駆け引き難易度)★★☆☆☆



サブコンテンツ

このページの先頭へ