骨盤の開き・猫背・O脚を矯正する方法

骨盤が開いていたり、猫背だったり、O脚だったりした場合、それを矯正しないままでは、「美脚」を手に入れることは出来ないことはできません。

ここでは、それぞれの症状に対する具体的な矯正法について、御説明しましょう。


骨盤が開いている状態を矯正する方法

入浴前のエクササイズやストレッチと合わせて、「お尻歩き」を実施してください。

「お尻歩き」とは、座ったまま、お尻を左右交互にせり出すことにより、前に進む運動を指しており、これを行なうことにより骨盤の調整とお尻の筋肉の強化が行なわれます。

出来れば、入浴前や睡眠前よりも、朝の起床直後に行なえば、その日一日は骨盤が調整された状態で過ごすことが出来ます。

さらに、これは、ストレッチの一環として考えていただいても構いませんが、床の上に仰向けで寝ている状態で、両膝を立て、そろえたままで左右に倒す運動もお薦めです。

ゆっくりと倒すことにより、背骨や腰の間接のストレッチを行なうことも出来ますので、骨盤の調整のみならず、腰痛対策にも効果的です。

このほか、エクササイズの中で、腰の回転運動を取り入れることもお薦めです。

両足を肩幅に開いた状態で仁王立ちし、腰に手を置いて、視線は前を向いたままで、腰を大きくグルングルンと回します。

回数的には、例えば、右に20回転すれば、左に20回転するといった感じで、腰を中心に、ゆっくりとフラフープをしているようなイメージで回転を行ないます。

重要なのは、とにかく、腰を動かすこと。
骨盤が開いている人の多くは、腰痛を抱えておりますので、その対策にもなります。

こうした運動のほかに、最近は座椅子などでも、骨盤を締める効果のあるようにデザインされたタイプの座椅子なども売り出されておりますので、自宅のリビングでくつろいでいる間でも、骨盤の開きを矯正することが出来ます。



猫背を矯正する方法

猫背を直すには、日頃から意識して、背筋を伸ばし、姿勢を正すしかありません。

具体的には、まず、歩く際には、決して俯かず、まっすぐ遠くの前を見ることです。
この視線の変更だけで、あなたの歩く姿勢はずいぶんと美しくなるはずです。

歩き方といえば、頭の頂点から見えない糸で釣られているマリオネットのように、いわゆる“モデル歩き”をする習慣を身につけましょう。

その際には、背筋を伸ばして、肩甲骨を狭めることにより、ブラジャーのホックが背中にあたっていないことを常に意識してください。
さらに「みぞおち」あたりを引っ込めることを意識して、歩くようにしましょう。



O脚を矯正する方法

これは、バレリーナのトレーニングをイメージしていただきたいのですが、両足のかかとをつけた状態で爪先を開いて、両脚を閉じて全身を上に伸ばす姿勢を取る方法が効果的です。

この脚を閉じた状態を30秒ほど頑張って維持するようにして、これを毎日3セット行なってください。

例えば、洗面台の前で歯を磨いている間や、入浴前に体重計に乗っている間などのちょっとした時間を利用して、毎日続けることが大切です。

この方法に毎日、真面目に取り組んでいるうちに、あなたの足は、まさにバレリーナのように、180 度の角度にまで開くことが出来るようになるでしょう。

そうなった時点では、あなたのO脚は完全に解消されているはずですので、ぜひ、頑張って継続してみてください。

O脚と美脚を比較した図
 

サブコンテンツ/dt>

このページの先頭へ