彼との初デート!注意するべきことと会話での重要ポイントまとめ

 相手の男性に「次もデートしたい」と思わせる行動や会話する必要があります。
相手の話に対して「へー。そうなのだ」で終わってしまう淡白な返事は当たり前ですが場の空気が重くなってしまいます。

「へー。そうなのだ。詳しいね」「へー。そうなのだ。私にもできるかなぁ?」
相手の男性を「褒めてあげる」「?」で質問してあげる事が大切です。

普段からメールをしている仲でお互いの事は熟知している関係であるので話が合わないまた、つまらない会話をする事は絶対にダメです。

または、相手の男性がしてくれた事に「感謝の言葉」を必ず伝えましょう。
例えば、エレベーターに乗る時レディーファーストをしてくれたとき。
喉が渇いて飲み物を買ってきてくれたときなど些細な事でも感謝の言葉を聞くと男性はとても喜びます。

デートで飲み屋さんに行ったとき、夕食をするときにお酒を飲んでも問題ありません。
但し、自分の理性を失わない程度に控えて下さい。
相手の男性も緊張してお酒をたくさん飲んでしまうかもしれません。
相手の男性に無理をさせず、リラックスしてデートを楽しんでもらえるようあなたが上手く楽しくデートをできる雰囲気を作ってあげて下さい。



デートの中または食事の際に注意する12のポイント

・歩いているときに、長い時間「沈黙」状態にならない
・食事は上品に食べる
・男性が選んだお店に入った時は、お店の雰囲気や料理の味を褒めてあげる
・飲み屋さんに入った場合ソフトドリンクは注文しない
・お酒が弱い場合は弱めのお酒を注文する
・お酒が全く飲めない場合は、相手の男性に事前に伝える
・注文を取る前に、相手の男性に食べられない物を聞く
・自分が頼んだ物は、相手の男性にも食べてもらうようにする
・食べる物が決まったら注文をしてあげる
・飲み物がなくなったときも「次、何飲む?」とメニューを差し出してあげる
・携帯は基本、カバンに閉まっておく
・仕事や会社、友達に対する愚痴を言わない
・相手の男性を席に1人にさせてしまう時間を作らない
・デートする時間は長すぎず、短すぎず(4 時間~8 時間ぐらい)



相手の男性から、恋愛感情を引き出す会話のコツ

今の相手の特徴を見て「良いところを 3 つ褒める」事がコツです。
このテクニックを「スリー ・ コンプリメンツ」と言います。
次のように相手の特徴を掴んで、褒めてあげましょう。

あなた「最初あったときは座っていたから気付かなったけど、(○○君)って意外と背が高いね♪」
あなた「前はスーツだったけど、(○○君)の私服ってオシャレだよね♪普段から、こんな感じの服着るの?」



デート、または食事をする際の会話テクニック

今日のデートを楽しみにしていた気持ちを伝える
(待ち合わせ場所で会った際に)
あなた「(○○君)。こんにちは。今日どこ連れてってくれるの?」
そう言われる事で、相手の男性に好印象を与え今日のデートで初めから、良いスタートが切れます。

相手の男性は、デートプランを考えていない場合もありますので
相手の男性「あっ。ごめん(●●ちゃん)。今日のプラン考えてなかった・・・」
あなた「はは(笑)そっか~。(○○君)らしいね♪じゃあ、歩きながら決めよう」

相手の男性の申し訳ない気持ちを吹き飛ばすくらいの明るい表情で言ってあげて下さい。
デートプランの有無より、デートができる嬉しさを伝えて下さい。
相手の男性に、またあなたとデートがしたいなと思われる会話をする事が重要になります。


食事をする際は座って落ち着いて話ができるのでこのような会話をしましょう。

相手の男性のメールについて意見を言ってあげる
今日のデートをするまでにはたくさんのメールをお互いに交わした経緯があります。
相手の男性のメールについて意見を言ってあげましょう
「そういえば。(○○君)って直ぐメール返してくれるよね♪私とっても嬉しいよ」
また、返事が遅い場合はデートが終わりの時間になってきた当たりで
「(○○君)って、メールしても返事が遅いよね。忙しいのかなぁ?今日、私がお家に帰ってメールしても、直ぐに返事くれないよね(笑)」
と指摘もしてあげましょう。
あなたが指摘したこの事は、この後の行動で大きく生きてきます。

相手の男性の夢を聞いてあげる
男性は将来「仕事で独立したい」「●●の職業につきたい」という夢をもっているものです。
相手の男性の夢を聞いてあげる事で相手の男性の心を更に開く結果となります。
そして次のような会話をする事が最大のコツです。

過去の恋愛の話をお互いにする過去の恋話をする事で、あなたをアピールでき相手の男性にジェラシーを与える事ができます。

過去の恋話も、あなたから話すのではなく相手の男性から話をさせるようにしましょう。
相手の男性の話を聞いた後で「私も昔、5 年間付き合っていた人がいて・・・」というような切り出しで話しましょう。

「5 年付き合った」という事は、かなり長い関係だったと思わせられます
「(●●ちゃん)は、一途なんだなぁ。清純なんだなぁ」と安心感を与えるのと同時に「5 年間も、その男性に(●●ちゃん)を独り占めにされた」とジェラシーも与える事ができます。

安心とジェラシーを与えるには、先ほどの切り出しでお付き合いしていた彼の性格や人柄もいいましょう。
性格や人柄は、あなたが話している相手の男性の性格や人柄に当てはまる事にしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ