水太りしないためのライフスタイルとは?

「脚やせ」は、通常のダイエットとは異なり、ただ単に、脂肪を燃焼したり、食事制限するだけでは実現せず、細胞内に蓄積された老廃物を排出させる必要です。

この“細胞内に蓄積された老廃物を排出させる”ためには、それを意識して、目的としたマッサージなどの施術を施す必要があります。

このサイトでは、そうした目的に適ったマッサージ法などを詳しく解説しているのですが、そのご説明に入る前に、「水太り」をしないためのライフスタイルの在り方について、御説明したいと思います。

つまり、溜まった毒素や老廃物を排出する方法を学ぶ前に、まずは、それらが溜まらないようなライフスタイルや生活習慣を身に付けていただきたいと思うゆえです。

よく、スポーツや武道の世界では、“健全な魂は、健全な体に宿る”という格言が語られますが、「美脚」に関しても、これと似た状況が当てはまるといえます。
曰く、“美しい脚は、美しいライフスタイルが育む”


脚やせに成功する人が持っている共通する考え方とは?

生活習慣病の予備軍となるようなライフスタイルでは、どう考えても体に良いわけはありませんし、そんな体では「脚やせ」を実現することは、望むべくもないことは容易にお分かりいただけることと思います。

とはいえ、これも「生活習慣」と同じですが、あまりに今のライフスタイルとかけ離れていたり、実現不能な理想論ばかり要求しても実効性に欠けてしまうことは問題です。

実は、「脚やせ」に成功する人には、いくつかの共通点があります。

それは、私が長年、多くの女性に「脚やせ」の指導を行なう、その成果を見守ってきた中でなんとなく、傾向として把握することが出来たことでした。
これは、「脚やせ」に成功するための絶対条件と言っても良いかと思います。

それは、まず、日常生活の中で起こる、ちょっとした変化に喜びを感じられることです。
先ほど、私は「足やせ」を実現したいのであれば、その目的に適ったライフスタイルへとシフトする必要を説きました。

つまり、生活の中にこそ、体質改善があり、努力や節制があった上で、体の変化が確認出来るわけです。

例えば、断食道場などに通って、短期集中的なダイエットを行なうようなアプローチではなく、日常生活の中で、コツコツと努力やチャレンジを行い、その成果についても、日常生活の中で感じ取って、自分の身体に起こってくる変化を素直に喜ぶ感性が必要なのです。

そう考えれば、短期集中のダイエットを「陸上競技の距離走」に例えれば、「脚やせ」とは長い道のりを一歩一歩進む「フルマラソン」に近いのかもしれません。

あなたがどんなに元気であり、スタミナがあって、瞬発力があったとしても、「フルマラソン」に出場する際には、「短距離走」のような全力疾走では、到底、理想のタイムでゴールすることは出来ないでしょう。

実際、「脚やせ」にチャレンジしておりますと、ほんの少しづつですが、あなたの体に起こった変化を自覚することが出来るはずです。

例えば、「夕方に足がむくまなくなってきた!」とか、「靴を履いたり、脱いだりするのが楽になった!」とか、「鏡を見ると、スカート姿が自分でも美しく思えるようになった!」といった、他人が聞けば、ほんの些細なことに思える変化であるかもしれません。

けれども、そんな小さな変化に喜びを感じられるようになれば、日々の生活の中での励みになりますし、つい、怠けなり、だらけそうになる自分への戒めとしての効果も期待できるわけです。

「脚やせ」は、本当に長丁場であり、簡単に実現できるわけではありません。
それゆえ、あなたには、「脚やせ」に適ったライフスタイルとご自分のスタンダードにして、無理なく、ごく普通の生活習慣の中で、「脚やせ」手に入れて戴ければと思います。
日々の生活を愉しみながら、確実に「脚やせ」を実現することが、私の流儀です。


冬場は脚痩せするのが難しい!その理由は?

冬場は「脚やせ」の効果が確認しずらい時期です。ですが、焦りは禁物です。 1年周期で見た場合は、やはり寒い時期は運動量も低下して、皮下脂肪が蓄積されやすくなってしまいます。

けれども、現代社会では防寒の手段も多くあり、気温調節も至るどころで行なわれておりますので「冬だから、太っても仕方がない」と、自分に言い訳するのはやめましょう。

冬だから、こってりした料理やスープを飲む必要はないわけですし、冬だからといって、運動が出来ないわけではありません。

また、このテキストにて解説されている「脚やせ術」には、例えば半身浴を楽しみながら、お風呂でリンパマッサージを施すといったメニューが用意されておりますが、そんな行為が「寒い冬だから出来ない」ということもないでしょう。(笑)

従いまして、あまり、季節要因はネガティブに考えない方がいいように思えます。

確かに冬場になれば、外食産業などのメニューも「こってり系」が多くなってしまう傾向もありますので、皮下脂肪が付きやすい環境が整ってしまう状況もあります。

でも、メニューが決められた学校給食などでもない限り、自分が食べるべきメニューを選ぶことは出来るはずですので、低カロリーメニューやダイエットメニューをオーダーする ように心がければ、冬場といえども、「脂肪太り」や「水太り」から免れることは可能です。

こうして考えますと、せっかく「脚やせ」にチャレンジするのであれば、その効果が目に見えて確認できるタイミングに始めるべきです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ