骨格の歪みを自分でチェックする方法!その歪みが下半身デブの原因に

「脚やせ」を実現するための理想的な睡眠について学んだ際に、枕や寝具が身体に合っていない
と、「からだのゆがみ」が生じてしまう懸念について、御説明いたしました。
脚やせを実現するために重要な7つのポイント

実は、この「からだのゆがみ」とは、意外に多くの人が自分の体が患っているにも関わらず、気付か ずに過ごしているものなのです。

では、「からだのゆがみ」は、実際にどういう形で私たちの体に現れるのでしょうか?
基本的に、人間や動物のからだは、シンメトリック(左右対称)に出来ているものです。

つまり、右側と左側の手足は、まったく同じ長さや姿勢であることは当たり前なのですが、 意外なことに、左右の脚の長さが異なっている人は大勢いるものです。

これは、厳密には「骨格の長さが違う」というものではなく、実際には骨盤が歪んでいたりすることに 起因するものなのです。


背骨や骨盤のゆがみは、こんな症状を招いてしまいます。
首のゆがみ : 頭痛 耳鳴り 肩こり 不眠 眼精疲労
背骨のゆがみ : 手足の冷え 内臓機能低下 側湾
骨盤のゆがみ : 腰痛 膝痛 坐骨神経痛 しびれ 便秘、など

自分のからだが歪んでいるか、どうかは、姿見の鏡を見て、チェックすることが出来ます。

まず、鏡の中央から黒い毛糸などの紐を垂らして中心線を確認し、入浴前の全裸の状態で、 自分のからだの鼻から口、あご、おへそのラインが真っ直ぐ一直線に並んでいるかどうかを確認し てください。

あるいは、鏡の前に100円ショップなどで売っている格子状の金網を設置して、より、 精密にブロック単位で肩や腰骨、くるぶしなどの位置を確認してみるのもいいでしょう。

身体の歪みをチェック

また、床に寝そべり、仰向けになって、一番自然な状態になっていると思える状態で、 他の人にデジカメなどで写真を撮ってもらいます。

そうして自分の目で、両足が均等な感覚で開かれているか、左右の足のつま先が揃って 上を向いているか、などのシンメトリー(左右対称性)をチェックしてみてください。

あるいは、うつぶせに寝ているときに、お尻のきれつが左右均等に真っ直ぐ下がっているかという点も、骨盤のゆがみをチェックする上では、重要なポイントです。

お尻のきれつから身体の歪みをチェック

さらに最近は、「骨盤のゆがみ」だけでなく、「骨盤の開き」も大きな問題となっています。

骨盤が開いていますと、体温が低下したり、眠りが浅くなったり、呼吸が小刻みになったりしますし、 体型も下半身デブになったり、脚が太りやすくなります。

これらの症状は、まさに「むくみ」の症状にも通じますが、逆にいえば、「骨盤の開き」を 解消すれば、「脚やせ」が実現する可能性も高まることを意味しているのです。

ここではまず、そうしたトラブルが発生してしまうライフス タイルの中の原因について御説明しましょう。
まずは、以下の点をチェックしてみてください。

①下を向いて歩いたり、猫背のなっていることが多い。
②まっすぐ立っていることが出来ずに、左右どちらかの足に重心を置いている。
③椅子から立ち上がる際に、無意識のうちに手を使ってしまっている。
④座っている時には、無意識のうちに脚を組むことが多い。
⑤ショルダーバックを掛ける側の肩が決まっている。
⑥からだをひねって座ったり、頬杖をつくことが多い
⑦自分でもO脚だと思う。

これらの項目に心当たりのある人は、基本的に脚などの筋肉が衰えているとみなされます。
腹筋や背筋を鍛え、歩き方を矯正すると、「からだのゆがみ」や「骨盤の開き」は、補正 することが出来ます。

「美脚」とは、ただ単に脚だけが美しい状態を指すのではなく、バランスの取れた骨格と 理想的な筋肉と脂肪の付き方など、上半身のスタイルが美しく整っていることにより、 あなたのトータルのシルエットが美しく見えるのです。

そうしたプロポーションを手に入れるのは、日常生活の中のちょっとしたひと時に行う トレーニングでも充分可能ですので、ぜひ、取り組んでみてください。
小さな努力の積み重ねが、やがて、「脚やせ」の栄光へと繋がっていくのです。



目的意識を持って実行すると5倍速く美脚が手に入る

これまで、私たちは「なぜ、脚が太くなるのか?」や、「脚が太くなるライフスタイル」について学んできました。

これにより、あなたはご自分の脚が置かれている立場や問題点などを理解することが出来たことと思います。

つぎにあなたがすべきことは、ただ一つ。
「美脚」を手に入れるための具体的な「脚やせ」の方法を実行するのみです。

その前に、もう一度、あたまの整理をしておくことにしましょう。
・「脚のむくみ」を取るには、血行やリンパの流れを改善するマッサージを実施する。
・「脚の脂肪」を取るには、適度なエクササイズを行い、脂肪を燃焼させる。
・「からだのゆがみ」や「骨盤の開き」を矯正するには、適切なトレーニングを行なう。

このように、「マッサージ」と「エクササイズ」と「トレーニング」は、目的も内容も異なりますが、たとえば、お風呂の中で行なう「マッサージ」もあれば、「トレーニング」もあります。

大切なのは、常に目的意識を持って行動することであり、「今、自分がしていることは、どういう目的で、何のためにやっているのか」をはっきりと意識して行なうことです。

この目的意識や自覚を持つことにより、初めて効果的な「脚やせ」を実現できますので、このことは絶対に忘れないでください。

例えば、「睡眠」をするだけでも、ただ寝るのではなく、「脚やせ」するための時間だと意識するだけでも、その効果は格段に違ってくるものですから、宜しくお願いします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ