相手好印象を与える目の使い方と話の聞き方

 相手の男性に好感を持たれるコミュニケーションの取り方を勉強します。

目を見て話す
目を見て話をすると、相手の男性に
この人は、僕に興味を持ってくれている
と思わせる事ができ相手もあなたに対して話しやすくなります。

男性の気持ちとして特に、はじめて会った女性がずっと目を見て話をしてくれ逆に話を聞くときもずっと目を見て聞いてくれると
この女性はこんなにも自分に興味をもってくれている」と非常に好印象を与えます。

同時に男性は「もしかして、この女性は自分の事が好きなのではないか」と良い意味で勘違い(妄想)させる事もできるのです。

目を見て話すだけで男性を好きにさせてしまう正に女性だけが使える魔性のテクニックとなります。

初対面の男性の目をずっと見て話すのは少し恥ずかしいかもしれませんが、最も重要な要素なので苦手な方は普段から相手の目を見て話す意識をしてみましょう。

自分から話すぎない、相手の話をしっかりと聞く
「聞き上手は話上手」と言われるように、自分からガツガツ話過ぎずまずは相手の話をしっかりと聞きましょう。

男性は基本的に話したがりです。
特に年齢の高い男性は人生経験も長いので若い頃の武勇伝や自分の体験談などを話したがります。
そのような貴重な話をあなたに話してくれるのはあなたの事を気に入ってくれているからなのです。

そんな男性に対して、あなたがガツガツと話し会話の中心があなたの話になってしまうと、相手の男性はあなたと話しても「心地よさ」を感じてくれません。

そして、男性は「反論」を良く言います。
基本的に、あなたの意見や気持ちが否定されている訳ではないのですが物事を別の角度から捉えた意見を言います。


≪ダメなパターン≫
男性に「それで、いいと思うけど・・・こんな風にしたらどう?」と言われあなたは「それで、いいなら いいじゃないですか」と言ってしまうと「それで、いい」という事を結果的に肯定し「こんな風」という男性の意見を否定してしまい良い会話ができません。

≪良いパターン≫
男性に「それで、いいと思うけど・・・こんな風にしたらどう?」と言われあなたは「こんな風にしたら、もっと良くなりそうですね」と「こんな風」を、まず肯定してあげましょう。
そして
「こんな風にするには、どの辺りを変えたらいいと思いますか?」
という流れにすると会話も弾んでいきます。

重要な事は・・・

自分からガツガツと話をするのではなく相手の男性の話を聞いてあげましょう。

若い男性と話すときも同じです。

そして、相手の男性の意見を肯定してあげましょう。 では、逆にあまり話しをしてくれないシャイな男性の場合はあなた主導でお話をしてもいいですが相手の男性のパーツについて話をしていく事が大切です。

例えば、相手の男性が身に着けている物について話しをしてあげます。
あなた「○○さんが履いている靴って、とてもお洒落ですね。普段から、そういう靴を履いているのですか?」

靴の他にも、アクセサリーや服装などを褒める話題にしましょう。
褒められて不機嫌になる人はいないので相手のパーツについての話題は効果的です。

また、何度か面識のある男性には
「髪型変えました?」「香水変えました?私、こういう香りって好きです」
相手の変わった部分を見つけ褒めてあげましょう。
ほんの小さな部分でも男性は気付いてくれるのは嬉しいのです。

シャイな男性に対しても、話したがりの男性に対しても基本はあまり自分からガツガツ話すのではく、まずは相手の話をしっかりと聞く事が重要となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ