偏平足の原因は?偏平足かどうかを簡単に調べる方法

偏平足は、土踏まずがまっすぐになって下のほうに落ち込んでいる状態です。

偏平足の図

紫の部分が地に付いている状態

偏平足の原因としてまず考えられるのが、 先天性 なのか、 後天性 なのかということです。

先天性偏平足 は子供の時(乳児期から少年期)に成長していく過程で、骨盤の異常、発育不全、機能障害などが原因で、正常に足の土踏まずが上がっていかないのです。上がっていく状態をアーチ形成と言います。

アーチ形成には、運動不足の解消に散歩をすることです。学校でお昼休みに遊びまわるお子さんなら良いのですが、おとなしい性格の子供だっていますよね。

そんなときは、親がダイエットをかねて姿勢を正しながら散歩(歩く)をすることです。

最近は家の中でも靴下を履いているお子さんが多くなりました。でも靴下を履かせないで、裸足で歩かせてください。裸足で歩くことで、地面を踏ん張る力が付くからです。

そして、外反母趾でもお伝えしたことなのですが、足にあった靴を履かせてあげることです。子供の成長は早いからといって、買い換えることを躊躇してしまうことがありますが、買い与えることです。

ストレッチ的なことで、つま先立ち運動をさせることです。
もし、あなたにお子さんがいて先天性偏平足でしたら、実践してみてくださいね。

ああ、忘れるところでした。基準があるんですが、直径 1 センチ程度のボールペンや鉛筆などを土踏まずに挟んでちょこっとあたるくらいが正常な状態です。
子供でしたら直径が大人よりもやや少ないです。

偏平足かどうかの見分け方


次に 後天性偏平足についてですが、成人してから生じる偏平足のことです。後天性偏平足には、外傷性偏平足、麻痺性偏平足、関節性偏平足があります。

偏平足になっている人の多くは後天性偏平足がほとんどです。




外傷性偏平足の原因

足の骨折や靭帯損傷などによって発祥します。
良くある例なのですが、踵骨の骨折によって発祥する例が多いようです。

踵骨というのは、かかとの骨のことです。

踵骨の図


骨折の原因に多いのが高いところから飛び降りたときに骨折してしまうことがあります。

踵骨は堅い皮質骨の薄いからのなかに海綿骨といって柔らかい網目のような骨で出来ています。
治療は難しいとされており、変形が残ってしまい外傷性偏平足になることもあります。また、交通事故などの複雑骨折やなんらかの事故によって骨折と一緒に靭帯損傷による外傷性偏平足になることもあります。

絵で説明します。

正常な足の靭帯
正常な足の靭帯図



何らかの事故での靭帯断裂や踵骨の骨折
帯断裂や踵骨が骨折してしまった状態の図

完全に完治することが難しいとされているので、完治しても変形が残り偏平足になることがある。

また、関節性偏平足なのですが、スポーツや交通事故による足関節捻挫や急激に体重が増加し靴などのむりな圧迫で足関節の機能障害に陥り関節性偏平足になります。



麻痺性偏平足の原因は?

脛骨筋の疲労や、アキレス腱の疲労などによって生じます。

頸骨筋の疲労がさらに悪化すると頸骨疲労性骨膜炎、別名シンスプリントという病気になってしまいます。

シンスプリントの症状はふくらはぎの内側の筋肉に激しい痛みを伴います。シンスプリントになる原因は、スポーツによるものです。

陸上競技、バスケットなどの脚を良く使う激しいスポーツなどをしている人に多く見られます。

良く、陸上選手に偏平足が多いのはこのためです。おそらくその方たちは、高校や大学などの 合宿で無理な運動をしてシンスプリント発祥したのではないかと思われます。

そして、男性よりも女性の方が発祥しやすいのです。なぜならば人間の構造上どうしても、男性と女性の骨の硬さからなるものです。
物理的に考えても、やわらかい方がなりやすいのです。

シンスプリントになり頸骨筋肉の機能低下、柔軟性の減少で頸骨がさがり麻痺性偏平足になります。

アキレス腱の疲労をほったらかしにしておけばアキレス腱炎になります。アキレス腱炎になると、かかと 6 センチにかけて痛みを伴います。

症状はアキレス腱に微小断裂が生じたもので、過度のスポーツが原因とされます。シンスプリントと同じように、陸上競技などの脚を良く使うスポーツで発祥します。

アキレス腱炎になりやすい人は、重心のバランスが偏り、筋肉のバランスの欠如でアキレス腱炎になりやすいといわれています。

シンスプリントに発祥する人やアキレス腱炎になる人の共通点はどちらも、過度な運動による筋肉疲労です。

筋肉疲労が慢性化して麻痺状態になり、頸骨を支える筋肉が正常に働かなくなり、偏平足になってしまうのです。
このことを、麻痺性偏平足といいます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ