マクロダイエット法の5つの特徴

ここでは、マクロダイエットの特徴について説明します。

まずは基本的な考え方の幹の部分を理解していただき、具体的な実践方法について説明していきます。

ダイエットは自分自身を理想の体型に持っていくことです。
理想の体型というのは、いろいろな指標があると思いますが、体重に関するものであれば BMIという物差しがあります。
※Body Mass Index の略です。ボディマス指数。ボディマス指数とは、ヒトの肥満に関する指数のことです。身長を t、体重を w としたとき、BMI=w/t 2 の式で求められます。
例えば BMI が 22 のときは、標準体重の範囲になります。25 以上の場合は肥満、18.5以下は低体重になります。

BMI は身長、体重から統計的に数値を割り出すものです。

マクロダイエットは、この BMI の考え方を一部取り入れています。
また BMI であれば、行う人の身長に応じて、理想の体重目標が立てやすいと思いました。

新陳代謝のレベルは人によってさまざまなので、この BMI はそのギャップを補うものとして入れてあります。

ダイエットというのは、そもそも余計な体重を落とす目的があります。
余計な体重を取り除けば、必然と健康体に近づきます。

健康体とは、病気になりにくい状態、病気から程遠い状態のことです。
また病気になったとしても、きちんと治療したり、手術したりすることが可能な状態を指します。

体重が多ければ、一つの病気になったとき合併症になりやすかったり、手術の成功率が下がったりする場合があります。

またカロリーを多くとる人、体重が多い人特有の病気も多数あります。
糖尿病はその代表格のひとつですが、日本人 690 万人以上が悩まされている病気です。
また予備軍も足したら 1,370 万人を数えるようになっています 。

正しいアプローチで、体型を理想に近づけることは、これらの病気に対して牽制できることになります。

糖尿病が強く疑われる人および糖尿病の可能性を否定できないひとの推計
糖尿病患者とその予備軍の人数

なお糖尿病で亡くなる人は年間 1 万人ぐらいいるそうです。
スリムな体型を維持することは、日本人がかかりやすい糖尿病への対策になると考えられます。

ダイエットを正しいアプローチで行えば、理想の体型に近づくだけでなく、健康な体を手に入れることができます。

それは無茶な運動や、何ら科学的に保証されていないサプリで手に入れることはできません。

毎日の生活のなかで、徐々に形成していく重要なものです。
あなたがマクロダイエットを実践し終えて、健康な体まで手に入れることができたなら、どれだけすばらしいことでしょうか。

そのためにはわたしはノウハウの出し惜しみはしないつもりです。



マクロダイエット法は肌や髪の艶を落とさずにできるダイエット方法

正しいアプローチを持ったダイエットは、美容全般にも効果があります。
美容というのはさまざまな要素があって、一言では言い表すことはできません。

たくさんの要素が折り重なって、その人特有の美を創り出します。

体型をはじめとして、肌、髪の艶、目の輝き、立ち振る舞い、声色、姿勢、呼吸・・・たくさんありすぎて書ききれません。
これらのバランスがとれて、はじめて美容と呼べます。


ダイエットは体型や体重に焦点があたっていますが、それのみを重視するあまり、正しくないアプローチをすると、美容のバランスを壊してしまうこともあります。

例えば、低炭水化物ダイエットというのが一時期アメリカでブームになり、日本でも有名になりました。
※ローカーボダイエットとも言います。アメリカのロバート・アトキンス博士が考えたダイエット方法です。
普通食べている炭水化物(ご飯など)を減らして、糖分の変わりに体内の脂肪を燃焼させるように誘導させる方法です。一方で極端に炭水化物をとらないと、頭痛や下痢が起こることが報告されています。2004 年以降、このダイエット法は、下火になっています。

ところがやり方を間違えて、炭水化物(例えば主食のご飯)をまったく食べないで、おかずだけ食べ続けたとしたらどうなるでしょう。
体重は減るかもしれません。

しかし炭水化物から糖分がとれないために頭痛がしたり、適切なビタミン類などがとれずに、肌の艶がなくなっていきます。

体重が減ったとしても、目も空ろで、肌がガサガサのどこが美容なのでしょうか。

またこのダイエット方法はリバウンドをしやすいようです。
体が必要な栄養素を補給したがっているのだと思います。

本マニュアルで紹介するマクロダイエットは、美容全般のバランスを壊さないように、体型、体重を整えるものです。

肌や髪の艶を落とさずに、いかに体型を整えるかを研究してきたトータルのノウハウです。




運動しなくても痩せるダイエット方法

 マクロダイエットは、特別な運動をしないでも大丈夫なダイエットです。
運動は毎日継続的にしないと意味がありません。

ところが日常の中で運動を毎日することは、非常に強い意思が必要になります。

体がくたくたに疲れても、翌日に疲れが残っても、誰も手助けしてくれません。
そのなかで週末まで平日を乗り切らなければなりません。

日常生活の中でわたしたちは、移動したり、仕事をしたり、家事をしたり、コンビニエンスストアに買い物に行ったり、多少なりとも体を動かしています。

毎日生活するだけでも、エネルギーを消費しているはずです。
その少ない運動量でも、マクロダイエットは実践できるように考えられています。

ですので、マクロダイエットは特別な運動器具やエクササイズ DVD、ウォーキングなどを必要としません。

それらは、買う意思とは別に、つづける意思が必要になるからです。
簡単につづけることはダイエットのコツですが、それが難しくなる要因は、できるかぎりなくすように、何度もカリキュラムを作り直しました。



ちゃんと食べて痩せることができるダイエット方法

食べることをあきらめるダイエット、断食とは違います。
マクロダイエットのコンセプトは、いかにちゃんと食べるか、この点に尽きます。

今のあなたの生活習慣のいい部分を伸ばすようにして、無理なことをしないようにするダイエットです。
その一番重要なことは、食べることをあきらめないダイエットです。

ダイエットは健康と美容に大きく影響していると、先ほど書きました。

安易な断食をすると、健康を損なうばかりか、肌の艶を失うなど 美容にもダメージがあります。
この点を改良すべく、マクロダイエットは食べることをあきらめないという特徴があります。

つまり食べるものと食べ方を工夫して行うダイエットになります。



計算するダイエット方法

体型や体重が一人ひとりちがうように、あなたの毎日の状態も刻々と変化するものです。

マクロダイエットでは、あなたの毎日の状況に合わせて、計算をして、何を食べたらいいか選択肢を教えてくれます。
ひとつダイエットの道しるべとなるように、計算が行われます。

体重は数字で表されます。その体重を導くのは、日々の行動パターンです。

ですから、日々の行動パターンを数値化すれば、どう体重と関係があるかより深く分かってきます。
数字自体は嘘をつけません。

マクロダイエットは、行動パターンの数値化(といっても単純なものです)を徹底させて、理想の体重や体型を計算していきます。




マクロダイエット法はリバウンド体質を改善できるダイエット法

体重が減った状態というのは、誰にでも訪れるものです。

そのときの状態がもし過激な運動や、断食から得られたものであれば、多かれ少なかれリバウンドを起こします。

マクロダイエットも初期では、体が慣れるまでリバウンドがあるかもしれません。

まずマクロダイエットでは、初期のリバウンドをコントロールするところからはじまります。
初期にリバウンドの幅をコントロールすることにより、徐々にその幅を狭めていきます。


最終的には、リバウンドしない体づくりを実現させるためです。

小さなリバウンドを経験して、最終的には体重の増減を察知する 『美人センス』により、リバウンドを自覚的に予防することが目的です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ