尽くされることが嫌いなM男タイプ!その対処法は?

さあおまたせ。
M男君について、あなたの今までの常識がブッ飛ぶような事を教えてあげるわね。

私はノーマルだからM男君の事なんて関係ない?
冗談じゃないわよ。
本当に世の中知らないわね。

世の中の大物と言われる男にM男君は実に多いのよ。
あなたの好きな男が有能であればあるほど、その可能性は高いってわけ。

何も叩かれて喜ぶばかりがM男君じゃないわよ。

精神的に女に屈辱を味あわせられる事に快感を覚える男だって立派なM男君。
ここでは、相手の本性を見破るあなたの本能と直感が大いに必要になってくるのよ。

S男の場合は、あらゆる場面で男が主導権を握ると言う事は一般的とされているから割と簡単に自分の望みを言ってくるけど、M男君となると話はまるで別。
女に虐められて、奴隷のようにこき使われるのが好きだなんて、自分からは腐っても言えないじゃない。
特に有能な男、社会的地位のある男程、いつも部下や女にちやほやされて殿様扱いされているものだから自分のみっともない本性を暴露するわけにはいかないじゃない。

そんな男の空虚な穴を、あなたが本能と直感で見破ってあげて、空虚な穴を埋めてあげてご覧なさい。
そのM男君はあなたから離れられなくなって、あなたは文字通り女王様になれるのよ。

とにかくM男君は要注意なのよ。
いくらあなたが男にとって魅力的でも、この誰にも言えない「性癖」を埋めてあげないといつでもあなたに物足りなさを感じてしまい、あなたにのめり込む事なんてできないのよ。

じゃあM男君って何なのよ!?
ちょっと待ちなさい。
順を追って説明してあげるから。

Mには2 通りのタイプがあるの。
普段は普通の男と女の付き合いをして、プライベートで叩かれたり縛られたりしたい世間一般に知られているM男君というタイプ。
こちらのタイプはあなたが見抜いてあげさえすれば比較的簡単ね。
だってただ叩いて縛って首絞めてやりゃあいいのだもの。
あとは、あなたがそういう行為を受け入れられるか受け入れられないかだけよ。

厄介なのがもう1つのタイプ。
叩かれたり縛られたりしたいわけじゃなく、精神的に痛めつけられたいM男君タイプ。

例えば、
アッシーにされる。
平気で約束をすっぽかされる。
などと男のプライドを平気でぶち壊す事を言われるされて幸せを感じるタイプ。

もっと言えばきりないからこの位にしておくけど、こんな常識じゃ考えられない事をされて、究極の喜びを感じる精神的に病んでいる男。
イスから転げ落ちるぐらいビックリしたでしょ。

世間体は有能で何の隙もない近寄りがたい男が、女の家の便所掃除させられて
「ちょっとお、まだ汚いじゃないのお。この能無し!」
なんて言われて喜んでいるのだから。
あなただけじゃなく、その男の部下や社員だってそんな事知ったら、皆一緒にイスから転げ落ちるわよ。
くどい様だけど、2 つ目のM男君タイプは絶対に自分からは本性を見せないわよ。
あなたが見抜いてあげなければいけないわ。

万が一あなたの惚れた男、狙った男がこのタイプだったら男を侮辱する事に慣れてない女性にとってはかなり戸惑うだろうけど、その性癖を埋めてあげるのに成功したらもう締めたものよ。
その男がお金持ちだったらいくらでもあなたに貢いでくれるわよ。

貧乏な男だって、あなたにドップリのめり込んでくれるわよ。
男をいたぶってストレス発散も出来るしね。
あなたが見抜けなかった場合は、残念ながらこの手の男を引き止めておく事は無理ね。

だってこの手の男に甘えなんて言葉は通じないし、この手の男は甘えてほしくなんかサラサラないわけだから。
普通の男女の付き合いなんてこれっぽっちも求めていないのだから。
元々男をいたぶる資質のある女だったら、きっと本能で「どの程度までいたぶられたいのか」を感じ取り、脳が自然に働くのだろうけど、あなたが気の弱い女だったらこのタイプのM男君は扱いきれないわね。

残念だけどキッパリ諦めるべきね。
いずれにしても、この二通りのM男君に共通して言える事は尽くされたりする事が大っ嫌いという事ね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ