脚が太くてお困りのあなたへ!むくみの原因は2つ

理想の「美脚」を追求するまえに、まず、現実を直視しなければなりません。
今現在、あなたの脚は、不幸にして理想的な姿ではないと仮定しましょう。
このテキストを読まれている時点で、それは否定しようがないシビアな現実ですね。

では、これから理想的な姿に近づけていくためには、あなたは今まで行なっていなかったいくつかの新しい取り組みを始めなければなりません。

なぜなら、今まで通りのライフスタイルや生活習慣では、はっきり言って、現状を変えることも出来なければ、今後、さらに理想とはかけ離れた状態へと進んでしまう懸念すら、あるからです。

つまり、あなたは「脚やせ」を実現するためのチャレンジを行なう必要があるのです。
そのチャレンジをするための覚悟はすでにお持ちのことだと思います。
なぜなら、努力や挑戦なしには、理想の「美脚」を手に入れることは不可能だからです。

従いまして、そうしたチャレンジに伴う努力をして頂くことになるのですが、問題は、その努力の仕方にあります。

例えば、「脚やせ」に限らず、「体全体のダイエット」について、考えてみた場合、その成功法については、あなたもよくご存知のことでしょう。

正しい知識やノウハウを持たない状況で、やみくもに絶食をしたところで、一時的には体重減は起きるかもしれませんが、それに伴う不都合や体調不良なども起きるはずです。

さらに、短期間での過激なダイエットには、かならず、リバウンドが伴うものですし、長い目でみれば、あなたの体重は短い周期で、増減を繰り返していただけだったという、非常に残念な結果に終わってしまうこともよくあることです。

「脚やせ」に関しても、この状況と同じことが言えます。

まず、何よりも大切なことは、あなたの脚の状況と、それを細くする方法に対する正しい知識を持つことです。

一口に、「脚が太い」と言っても、その状態や原因には、さまざまな要因があり、その対処法についても、当然、アプローチが異なってきます。

そうした状況に対する正しい知識を持たずに、いたずらに「脚やせ」に取り組んだところで、期待通りの成果は出ないばかりか、すぐにリバウンドや不都合も現れてしまうのです。

まず、「なぜ、脚が太くなるのか?」という点に絞って、重点的にレクチャーしていきたいと思います。

あなたの脚が太い状況に置かれている原因を正しく把握することにより、今後の対応策が変ってきますし、その問題を根本的に解決することにより、あなたは永久的に今の状況とサヨナラすることが出来るのです。

従いまして、ここで書かれていることはごく常識的であり、読み物としてはあまり、面白い内容ではないかもしれません。

けれども、読み進めているうちに、何か一つでも、あなたにとって、新しい発見や新鮮な驚きを感じられることがあれば、必ず、あなたの「脚やせ」は成功することでしょう。

なぜなら、その時点であなたのマインドは、非常にポジティブかつ、素直な感性になっており、その状態での知識の吸収は、あなたの深層心理レベルでの意識改革を確実に行なうことが出来るからです。

逆に、こうした基本的な知識や基礎的な情報の習得をおろそかにすると、最終的な結果としての
「脚やせ」に成功する可能性は、非常に低くなってしまいます。

現実を直視することは、精神的にもかなりキツイことですが、その苦しみを乗り越えた先にこそ、新しい自分へと生まれ変われる道が開けているのです。

まずは、ここでしっかりと正しい基本知識を身につけましょう。



脚が太いその原因は?

一口に、「脚が太い!」と言っても、その原因は大きく二つに分けられます。

まず、一つ目は【水太りタイプ】です。
これは、いわゆる「むくみ」と呼ばれる現象であり、世の中の大半の女性が抱えている悩みでもあります。

その代表的な症状は、以下のものですが、逆に言えば、これらの項目が一つでも当てはまれば、あなたの「脚太」の原因は、【水太りタイプ】だと判断することが出来るのです。

<【水太りタイプ】に伴う症状や現象>
・冷え性である
・肩こりがひどい
・寝覚めが悪い
・生理の前には食欲が高まる
・過去に過激なダイエットをしたことがある
・日頃から体重の増減が激しい


これらの症状に心当たりがあれば、あなたは「脚が太い」のみならず、いわゆる「下半身デブ」である可能性が高いことでしょう。

このうち、特に「冷え性である」ことは、ご自身が一番、判っていることだと思いますし、実際、太腿やふくらはぎといった、脚の中で脂肪が付きやすい箇所を手で触れてみると、自分でも自覚できるほど、冷たくなっているものです。

それは、代謝機能が低下していることに起因するものですが、その対処は比較的容易です。

一方、もう一つのタイプは、【筋肉質タイプ】です。

このタイプの人は、文字通り、スポーツを好む人が多く、一般的には健康的なのですが、問題は、この筋肉が固くなり、いわゆる「固太り」してしまっている状態にあります。

この【固太りタイプ】にも、以下のような自覚症状が存在します。

<【固太りタイプ】に伴う症状や現象>
・冷たいものが好きで、多く飲食している
・乳製品を多く好み、毎日食べている
・小さい頃から運動が好き
・今でも、スポーツや筋トレを欠かさない
・筋肉とは、固いものだという印象を持っている
・太腿やふくらはぎ、二の腕が固い
・デスクワークより、立ち仕事や外回りの仕事が多い

こうした項目に当てはまる方は、スポーツや身体を動かすことが好きであったり、どちらかといえば、肉体労働に近い仕事をなさっていることが多い傾向にあります。

筋肉をつけていることにより脚が太くなってしまうのは仕方がないことであり、新陳代謝の面からは健康的だと言えるのですが、問題はその筋肉や固くなった脂肪の質にあります。

実は、健康的であるだけに、先の【水太りタイプ】に比べると、トレーニングやエクササイズによる即効的な効果が望めないので、その対処法は長期戦にならざるを得ません。

けれども、欧米のオリンピック選手などの一流のアスリートの中には、まるでファッションモデルのような美しいプロポーションを保っている女性も多くいるように、決して、筋肉質であることが、筋骨隆々の体型となってしまうわけでもありません。

このノウハウでは、こうしたタイプ別の「脚太要因」を究明し、その人それぞれに合った、「脚やせ法」をレクチャーしていきますので、自分がどのタイプであろうと焦ることなく、着実に成果が出るのを待ってください。

今の自分を知ることこそが、「美脚」への最短ルートであるのです。




脚のむくみが起きるその原因は?

世の中の大半の女性は、【水太りタイプ】であることは、先ほど申し上げました。
では、その前提でこのタイプの人の脚が太くなる原因について、御説明しましょう。

まず、あなたは日常生活において、「脚のむくみ」の現象を体験したことはありませんか?

例えば、OLであれば、朝の出勤前にすんなりと履けた靴が、夜に帰宅した後では、足の甲がパンパンになり、なかなかスムーズに脱ぐことが出来ないといった状況です。

これは普通に考えれば、一日の仕事の中で血液が重力に従って下がってしまい、その結果、足が膨らんでしまった症状のように思えます。

たしかに、二足歩行している人間の脚には、心臓からの距離も遠く、血液の循環も滞りがちになる状態からはどうしても免れません。

けれども、いわゆる「脚のむくみ」として私たちが自覚しているような、先ほどの帰宅時に足がパンパンになっている状況には、ある特徴的な傾向があるのです。

それは、まず、この症状は、比較的若い世代の女性の体に多く現れることです。

男性の場合、外回りの営業マンとして、固い革靴を履いて、長距離を歩き回るような仕事でもしない限り、毎日の生活の中では、そうそう「脚がむくむ」症状には見舞われません。

また、女性であっても、年配者よりは比較的若い世代の女性ほど、「脚がむくむ」傾向は、はっきりと見受けられるのです。

その理由は何なのでしょうか?

「むくみ」とは、一言でいえば、「代謝機能の低下」を意味します。

つまり、血行やリンパの流れが足の末端で滞ってしまい、その結果、細胞への酸素の供給が充分
に行なわれなくなったり、老廃物が溜まったりすることにより、細胞や血管が膨張することにより、足先がパンパンに膨れてしまうのです。

筋肉は骨の周りに付いているものですが、若い女性はその骨そのものが細く、強度や密度が低い
ため、骨粗しょう症などが発症することも多くなります。

さらには、眠りの深さやストレスなどによっても、代謝機能は著しく影響を受けますので、それらが「むくみ」の原因になることもあります。

そして、この「むくみ」が若い女性特有の諸症状の悪循環を生む状況も起こりえます。

それは、「むくみ」により、血管が細くなることにより、血液の循環や疲労物質の運搬が滞ってしまうと、体温が低下し、冷え性になってしまいます。

その結果、肩こりや腰痛などに加え、腸の活動が低下することにより、便秘症なども併発
することになります。

さらには、冷え性の身体は、自然と皮下脂肪を蓄える方向に傾くため、どうしても太りやすくなり、そのため、ますます、「むくむ」傾向が加速されてしまうという、まさに悪循環 に陥ってしまうわけです。

このように、【水太りタイプ】の人は、「むくみ」のメカニズムを正しく理解することで、「なぜ、自分の脚は太ってしまうのか?」の原因を突き止めなければなりません。

そうした根本原因を把握し、それに対応した最適な対処法を施すことにより、あなたの脚は、確実に「脚太り」のスパイラルや悪循環から抜け出すことが出来るのです。
まずは、「脱むくみ体質」を目指すことにしましょう。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ