脚やせに効果のあるマッサージオイルは?椿オイルがオススメの理由

エステサロンなどに行けば、いかにも高そうな高級オイルが並んでおりますが、ご自宅で「脚やせ」を行なう場合には、そんな高価なマッサージオイルを使う必要がありません。

私が特にお薦めしたいのは、あの整髪料として有名な「椿オイル」です。
椿の花が咲いたあとには、緑色の大きな実がなりますが、その実が熟した中には、黒い種が入っています。

この種を搾ったものが「椿油」で、平安の昔から黒髪のお手入れに愛用されてきました。

実は、この「椿油」は天然のヘアケアオイルとしてのみならず、スキンケアオイルや食用油としても利用されているのです。

この「椿油」の成分は、85%以上がオレイン酸という脂肪酸で構成されており、脂肪酸のなかでも最も酸化しにくい性質を持っていることから、食用の場合には、血液中の善玉コレステロールを減少させずに悪玉コレステロールを減らすことで人気を得ています。

さらにオレイン酸は、ヒトの皮膚の表面にあって、潤いを保つとともに皮膚を守る役割をする皮脂にも多く含まれる成分でもありますので、「椿油」は皮脂に近いオイルであり、肌になじみやすく、皮脂が不足することによって起きる肌の乾燥を防ぐことができるのです。

また、「椿油」には、皮膚の新陳代謝を高める働きがあり、肌の生まれ変わりを促進させ、柔らかで、みずみずしい肌へと導く効果があることから、スキンケアオイルとしても、素晴らしい効能を持っている“夢のオイル”なのです。

ヒトの皮脂に近く、肌になじみやすい椿油ですが、ただ搾っただけでは、椿油独特の臭いもベタつき感もありますので、メーカーごとに様々な精製法がとられています。

最も代表的なのは、水や苛性ソーダ、水素等を添加し、熱と圧力を加える精製法ですが、この精製法では、脂肪酸の分子構造が変化し、トランス脂肪酸が生まることにより、健康に悪影響を及ぼすとして、欧米では販売禁止となったり、表示義務が課せられています。

そこで私は、熱を加えない『非加熱製法』により、トランス脂肪酸を含まない「椿油」を実現した、極上の椿オイルの『生の椿油』をお薦めしております。 この『生の椿油 スキンケアオイル』は、伊豆大島にある椿油の製造メーカー「株式会社 椿」の商品で、『通販生活』のみでの販売となっております。

『生の椿油』は、同社の独自の非加熱製法により、ヤブツバキの種子より抽出したあと、濾過を4回重ねることによって、透明でサラリとした使い心地の良いスキンケアオイルに仕上がっています。

この製法により、一般的な加熱油に比べて、『生の椿油』が持つ保湿力は 2.5 倍になっておりますので、洗顔後のお手入れや化粧下地など、フェイスケアにお薦めの商品です。

それゆえ、当然、「脚やせ」にも効果があり、皮脂にきわめて近いオレイン酸を含んだ『生の椿油』を補い、保湿することで、皮膚にハリが生まれ、弾むようなみずみずしいお肌へと導いてくれるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ