脚やせを目指すなら補正下着をつけてはダメ!その理由は?

最近では、テレビショッピングなどでも、からだのラインを美しく見せる「補正下着」のセールスをよく見かけるようになりました。

たしかに、モデルの女性がその下着を身に付けた途端、付ける前の体型に比べると、格段にプロ
ポーションがよくなっている光景を目の当たりにすると、手軽に理想的なボディラインが手に入るのかな?と、ちょっと期待したくなってしまいますね。


けれども、「補正下着」はからだを拘束している状態です。
すると、どういうことが起きるかといえば、確かに見た目には理想的な体型が手に入っているように見えますが、あなたの体の中では、「むくみ」を促進させるような状況となっているのです。

なぜなら、からだの表面が強く抑えられることにより、血行やリンパの流れが長時間にわたって阻害されている状態で、さらに老廃物が溜まってしまう状況が発生しております。

さらには、「補正下着」を付けていたところで、脂肪が燃焼されたり、筋肉がつくわけでもありませんから、ダイエット効果はまったくありません。

むしろ、本来であれば、バストやヒップなどは、自分の筋肉で持ち上げているのが当然であるところを、そうした補正下着による持ち上げが行なわれてしまうと、ますます、筋肉は衰えてしま
い、そこに脂肪だけが蓄積されていく事態が起こってしまうわけです。


特に、太腿やふくらはぎを細く見せる「補正下着」やストッキングなどに安易に頼れば、結果的に「脚やせ」とは正反対の「むくみ」を増やす状況にばかりなっていることを正しく認識してください。

どうせ「脚やせ」するのであれば、外見よりもまず、先に内面からキレイになることを心掛けましょう。




ストレスを受けやすい人は注意!脚やせを実現するには性格や人格改善も

内面の美しさといえば、「ストレス」が「脚やせ」に及ぼす影響について考えてみましょう。
「ストレス」が溜まると、人間のからだは、自律神経を中心にさまざまな悪影響を受けてしまいます。

この自律神経は、血流をコントロールしておりますので、例えば、ストレスを受けると、血管が収縮し、筋肉がこわばることにより、リンパ液の流れまでもが滞ってしまうのです。

また、思考法や発想、物事の感じ方などにおいても、「ストレス」を受けやすい体質の方は、「脚やせ」がなかなか実現しずらい結果となってしまいがちです。

たとえば、「リバウンド」のプロセスにおいても、自分がこれだけシビアな「食事制限」をしているのに、どうしてダイエットの効果が停滞してしまうのか?と、その時点で「ストレス」を感じてしまうと、結果的に「リバウンド」してしまうのです。

「脚やせ」を実現するには、「体質改善」を行なわない限り、一時的な結果を継続させることは出来ません。

結局、「補正下着」も同じことですが、からだに無理を強いたり、プレッシャーが掛かっている状態では、「脚やせ」に成功することは出来ません。

その意味では、本当に「脚やせ」を実現させたいのであれば、「体質改善」のみならず、「性格改善」や「人格改善」のレベルまで取り組む必要があるのかもしれませんね。

「脚やせ」は、地道な努力の積み重ねの成果により、ようやく到達できるゴールですので、目先の成果に一喜一憂することなく、じっくりと腰を据えて、ご自分の脚を理想の体型に育てていかなければなりません。

このテキストに書かれている「脚やせ」法を実践している限り、成果はかならず現れてきますので、決して焦る必要はありません。

まずは、おおらかな気持ちで「脚やせ」に取り組んでみることから始めてください。
あなたの脚の美しさは、あなたの心の状態を如実に反映しているといえるのですから。

サブコンテンツ

このページの先頭へ